行政書士の業務について

行政書士の業務は、行政書士法上の規定(行政書士法第1条の2、第1条の3)に従うと

・「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務
・「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務
・「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

の3つに分類することができます。

まずは、「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務について
ご紹介していきたいと思います。

行政書士は官公署(市・区役所、町・村役場や警察署などが該当します)に提出する書類の作成や
これらを官公署に提出する手続きについて代理することを業としています。
その書類のほとんどは許認可等に関するもので、
その数は1万種類を超えるとも言われています。

次は、上記の業務についてもっと詳しく、事例や私の取り扱い業務についても
ご紹介していきます。

行政書士って?

知り合いやはじめて名刺交換をさせていただく方に

「行政書士をしてます」と言うと

「行政書士ってどんな仕事?」とか「なにをしてくれる人?」

とよく聞かれます。

う〜〜〜〜ん。

行政書士の業務内容やどういった時に相談していただくかを

分かりやすくお伝えするのっていまだに難しいです。



行政書士の業務は、行政書士法に定められており

その範囲はとても広いです。

官公庁に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続代理、遺言書等の権利義務、

事実証明及び契約書の作成等を行うんですが、

これを聞いてもなかなか具体的に何をしてくれるのかイメージするのが難しいかと思います。

次からは、そんな行政書士の仕事を少しづつご紹介させていただきたいと思います。
 

ホームページが完成しました

このたび、念願であったホームページが完成しました。

もっと行政書士を身近に感じていただくべく、
これからコツコツ更新していければと思っております。

サイトを通じて、たくさんのみなさまのお役に立てることを
楽しみにしています。